誰かのために

最近、自分のために行動することってエネルギーが前よりも湧かなくなってきたんです。

誰かが喜んでくれることが純粋に嬉しいし、側に居てくれる人の笑顔が見れることが自分にとっての幸せだと感じれると心から言えるようになってきました。

もしかしたら、何年か前までは自分が幸せになりたいと思っていたのかもしれません。以前は「自分をもっと認めてほしい」という承認欲求が強かったんだと思います。ここ何年かで自分の小ささを知ったし、一人の限界を知りました。

いい意味で「諦めた」んですよね(笑)

幸せになりたいと思って20代をすごいスピードで休む暇もなく走りながら探し続けていたのに、ふと振り返ると、むしろ遠ざかっている気がしたんです。大切な何かを無くしてばかりいたんだと思うんです。

僕にとっての「幸せ」はそこにはなかった。

 俺ね、20代なんて、すごい有名になって影響力持って社長さんになっていっぱい稼ぐ!なんて夢いっぱいだったけど、もう辞めた。

 凄く見えるような人もたくさん会ってみたけどちょっと違ったよ。その親御さんや、嫁さんや、お子さんや、友達や、職場の人が居て初めてその人が輝いている風に見えるんだよね。

表面上では見えない部分にたくさんの支えがあって一人の人間が成り立っているんだって本当の意味でわかったんだ。

もちろん、その輝いて見える本人が周りの人の支えにもなっているんだろうけどね。

 僕は天才ではないから少しずつコツコツとできることをただ直向きにやっていきます。とりあえず、今はねブログを更新する習慣をつけれるように頑張ってるんだ〜

ブログを読んでくれた人ありがとう。今日もお疲れ様^^ 明日も一緒に頑張ろうね。

おやすみなさい。