音楽教育について

ボイストレーナー、アコースティックギター講師を2年やってて思うことがある。

歌を唄うこと、楽器を弾くという行為はYoutube見て独学でも時間かけてやれば、できるようになると思うんだよね。

だけど、対面で誰かに教わるっていうのは生徒さんとのレッスンの中で瞬時にどういったマインドセットをすればいいのかを提案できることに価値があるんだと思う。ただスキル習得するための教材なんていくらでもあって、殆ど同じこと書いてる。

じゃあこれからアナログに何かを伝えていく強みって何なのか。それは、ただのスキル上達の情報を伝えるだけではなく、生徒さんがスキルを学ぶことから派生して、その人の人生が豊かになっていくことをサポートできるかどうかにかかっていると思う。

つまり、その人の「在るべき視座に連れて行く」という取り組み。仕事という手段を通してクライアントがどれだけ幸せを感じることができるのかだと思う。

そして、これは卒業した生徒さんから頂いた手紙。

本当にこのお仕事させて貰えてよかったと思えた瞬間でした。

音楽は病気を治すことはできない。

音楽は腹の足しにならない。

音楽で戦争は止めれない。

だけど音楽はその人が人生を今以上に彩るために行動することを後押しできるようなツールにはなり得るとは思っています。